最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年10月28日 (火)

弱さを認める事が真の覇者 坂本監督講話

今月、坂本昌穂  (さかもと まさほ)氏講話を聴くことができた。

あの有名な 津田恒美投手を育てられた我が母校の監督だ

Photo_4

2011092609184067_1_l 坂本氏


Fbb201201130001ns300 故 津田投手

故 津田恒美さんとの出会い、別れを通してその日の講話が始まり

「 津田の話をする事は、私にとって本当に 以前は悲しい想い出がよみがえり、語ると 寂しくなった 」と 坂本氏は最初におっしゃり

以前は講話を断っていましたよ と付け加えられた。

現在は後世に伝えたいと言う思いでようやく話ができる。と、胸の内を述べられ、今日は私にしか伝えられないものを津田君を通して話します。と皆に語りかけて下さった。

 人間 は努力によって変わる事が出来る 

   公平に接する事、信頼の目でみる事

        リーダーが活き活きしている事

約1時間の貴重な時間の中で、目頭が熱くなるお話しを聴けた。

C0104626_1845947 南陽工業高校


Img_8993 メモリアル石碑

平成24年に野球殿堂入りを果たした事にも触れられ、

偉大な成績が無くてもなぜ? 殿堂入りが叶ったかについてもお話しされた。

そこにはやはり、その人の持つ 人間味 が大きく関係していた

今まで抱いていたイメージとは違い、お話の中で語る本当の津田さんを聴け、人としての魅力、純粋さ、友情を介して更に好きになった

本当はかなりメンタルの弱い人間だった。

でも、そこから人間は努力で変わる事が出来る

弱さをみとめる事が、真の覇者だと彼が教えてくれたのかもしれない

誰しも強い人間ではない、自分の弱さに気付くことで人は変われるかもしれない。

今も記憶に残る、炎のストッパー魂は語り継がれるだろう!!

Bbl1204080740001p2 南工時代

001 協和発酵時代

Img_0 プロ入り

最近の写真