最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年10月26日 (日)

アオリイカを早速調理

今日は貴重なイカを召し上がる事に(10/19夜)

午前中釣って来た貴重な1パイのアオリイカ

妻に手ほどきしてもらい、早速調理

釣り場にてイカは〆てあり、鮮度も良し! (目と目の間を突いて〆ます)

こんな感じです

01c44db66166559ef1f3b43a9defb1db840 


01c5865819a843587e6b91adffc84dee413 イカのふね


01fdb3a2c71418bb45aed7d57c97cc3918b 新鮮! 


010a723ad8d4c50b5273785c5d1db3c2580 足ちゃんと10本ありますね


01ef10bec1a1132358b8587b38fbd4b4d5e お魚さんマーク

まな板のお魚さんマークが、かわいいでしょ! こちらがお魚を切る側です。

一目で分かります  弘子さん作ですね

 

さて、写真はかなり手順を省いていますが、ひとりでお刺身にするまでは??でした

主婦すげー 関心しました 手ほどきありがとう

美味しさも然る事ながら、自分で調理すると命の恵みに対し感謝度が増します。

アオリイカの御造り完成です

010cf609fb1bdfa83a543b4c850d5541852 


2014年4月10日 (木)

約20数年ぶりかな? ぶるうべる

【からいカレーのある店】

本日はお仕事で山口市です。お昼時間が少し下って14時過ぎ。

亀山町、山口市役所下の路地にひっそりとたたずむ ぶるうべる restaurant

昔の喫茶店風な外観。

扉を開けて入るとカウンターがあり、奥と手前に客席が数席。

薄暗いペンダントライトに照らされる店内。

昭和レトロが漂って来ます。

こちら

Dsc01763 変わりませんねぇー !

20代の頃は何回か食べに行きました。

大変歴史を感じるお店です。

相変わらず、無口なマスターが出迎えてくれます  (-ε-)

メニューは一通り知っていますが、もちろんカレーしか頼みません

お母さんが厨房でお仕事をされているのでしょう。今日はお目に掛かれませんでした。

待っている間、マスターは片言しかお客さんに言いません。

「おねがいします」、「はい」のみです。

やって来ました! 茶黒い ドロドロのルーです。

Dsc01765 ウズラ卵が上にのっています

カレーはソースポットに入って来ます。
※アラジンと魔法のランプみたいな入れ物の事です。

ソースレードル(掬うお玉の様なもの)でかけます。

口直しの3種類の漬物類が付け合せで出ます。

【味について】

辛さは、さほどではありません。

じわじわ来ますが、アチャラの香辛料と違い、スッと引いて行きます。

ルーは肉の形が有るだけで、玉ねぎなどは煮込んで煮込んでドロドロです。

コーヒーを隠し味に入れているのでしょう。

最近は昔ほど苦く感じませんが・・・

美味しいです!

そして、8%は転嫁されていません。もちろん税込のお支払でキッチリ料金。

端数はありません。

みんな行ってみて!

帰りにサビエルの方向を向くと、改修工事でしょうか?

ネットが掛かっています。

Dsc01766 サビエル記念聖堂

1991年に旧聖堂で結婚式を挙げた私ども。

暮れに火事で焼けてから数年後に建て替えられたサビエル記念聖堂。

思い出深い亀山公園の山側です。

懐かしい味と、青いネットで囲われた結婚式の思い出跡を目にした4月9日でした。

2014年4月 3日 (木)

ラーメン 蘭蘭 に久しぶりに行きました

【今日は食べログ】

今日がこの地方の 桜満開 ド真ん中と言うような 春日和!

山口市まで仕事へ行ったので、昼食はと・・・・
最初に中央図書館から山口保育園方面近くに向かった所に位置する
昼食処でおすすめの はしもと へ

しかし、昼食終了crying えーまだ12:28なのにです。いっぱいでした。

では、午後からの仕事の場所に近い方面へと言う事で美味しいラーメン店へ!

Dsc01743 美東方面435号線へ入り

山口バイパス9号線から吉敷を美東方面へ向かう435号へ入った直ぐの所

見えてまいりました。

Dsc01737 Y路の所にあります

Dsc01738 らんらん 蘭蘭

この店只ならぬ雰囲気 eye
今日は既に待ち客が数人外へ並んでいます。

お昼はひっきりなしにお客が来ます。

来店の際は入口の所で名前を記入して、呼ばれたら席へ案内されます。

奥の座敷は3テーブル。カウンターと店内にテーブル席が数席。

好みもありますが、私は店のイイ所しか見ません!
そして、勉強に成るなと思い 色々な所を観察します。

【店内は】

私、いらっしゃいませー  の極力大きな声のおもてなしが苦手です。

笑顔と声の大きさがバッチリで、ココは落ち着いて迎えてくれます。

客層が職人さん、学生さん、赤ちゃんを連れたファミリーの方、などなど
幅広い層のみなさんがゆっくり味わいながら席にいました。

万人が来られる雰囲気と飽きのこない美味しさがココに有ります。

また、テーブルを片づけ終わってから 客様を順に案内します。

空き席が有っても いそいそ させず、食事をゆっくりとる事が出来る接客です。

注文の際、おすすめを聞きましたが私は 今日は ”ネギめんまチャーシュー”の

Cセットを頼みました。(ハンチャーハン付です)

※チャンポン と 豚キムチラーメンを勧められました。次回たべましょう。

Dsc01742 ネギめんまチャーシュー

Dsc01741 ハンチャーハンのCセット

あっさり とんこつ に舌鼓。
ギラギラ感や こってり感は無く、薄くザラ位の白淡スープ系で丁度よいです。

チャーシューは脂部位が少なく、タレにたっぷり浸かった感の無いこれまた あっさりです。

黙々と食べる方やゆっくり話しながら召しあがっている方ばかりですが、
不思議と 美味い! などの声は少なく。

美味いのは本当ですが 、シンプルに おいしいラーメンを当り前の様に頂いている
感覚で堪能できます。このウマさが蘭蘭の常識だと皆さん感じているのでしょう。

店内では替え玉や、追加のギョーザを数人頼んでいました。

接客時、麺の硬さは訊かれませんが、好みを聞いてくれるかは?
ふつう もしくは、やわらかいとお答えしておきましょう。

指摘を店内で1点だけ

奥のトイレは改良されると良いかもです。

扉が開くと、少し広めの室内がダイレクトに見えます。

昔、違う店で実際に遭遇したのが・・・

小さいお子さんを連れたお母様が一緒に入り、用をたされていました。
子供が勝手にカギを開け、和便にしゃがんでいる立派なおしりがこちらにpunch

あわてて閉めてあげましたが、しばらく出て来られませんでした。

目隠しか、構造上 内扉を付けると大惨事が起こらないでしょう!

最後に

美味しい味と又来たくなる秘密は 言い換えればどんな仕事にでも通用する事ですね。
勉強に成りました!蘭蘭

 

最近の写真