最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 経営理念と行動指針 足場に・・ | トップページ | 10月10日と東京オリンピック »

2014年10月13日 (月)

出雲大社の巨大な国旗

久しぶりのブログとなります。

さて、昔と比べても日本と言うものに誇りと感心が増してきた40代の私です。

10月10日に島根県安来市へと商工会議所青年部のある大会で出かけ、翌日

帰り掛けに20数年ぶりとなる、出雲大社にお参りしてきました。

 Img_0133
最近では高円宮典子さまと出雲大社権宮司の千家国麿さんの結婚式が行われて話題となりましたね。

お参りも連休と言う事で多かったです。

折角ですので、出雲ならではを二つ。

 お参りの際、神社で参拝する時は「二拝二拍手一拝」が基本とされていますが、実は出雲大社「二拝四拍手一拝」が基本です。

② 旧暦の十月は神無月と言いますが、これは全国の神々が出雲に集まられるためである、とも言われ、出雲では神有月(かみありつき)と呼んでいます。

ああー・・・ こう言う場所だったなと思いかえし、ふと、目をやると

大きなしめ縄が象徴的な拝殿の向こうに、高さ30m位の位置に棚引く "日の丸"が目に飛び込んできました。

とてもイイ!! 思わずグッと来ました。 

この感じ、どうも40代以降 "日の丸"に対し祖国を強く感じる熱いものを得ます

Img_0150 おくにがえり会館前の日の丸

皆さんがお参りする拝殿を正面に、左手方向に行くと神楽殿があり、こちらも大きなしめ縄が祀ってあります。そちらの、おくにがえり会館前に巨大な国旗掲揚台がありました。

Photo 全体図です

私自身、祝日には国旗を揚げているのですが、特に一番下の子と一緒に行っています。

自分も小さい頃から習慣づけられていましたので、これが当たり前と思っています。

小さい頃はテッペンの金の玉がとても気に入っていまして、アレは何と言うのか分かりませんが子供ながら楽しみでした。

最近は近所でも国旗を揚げている家をとんと見ません。

小さい内は、まだ、意味を感じ得ないと思います。

祝日は国旗を ! と言う習慣づけには、楽しさと親の手伝いが初めの内必要ですね。

では、祝日に付いて、10月10日の事で感じている事を今度載せてみます!

« 経営理念と行動指針 足場に・・ | トップページ | 10月10日と東京オリンピック »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593520/60471690

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲大社の巨大な国旗:

« 経営理念と行動指針 足場に・・ | トップページ | 10月10日と東京オリンピック »

最近の写真