最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 幸せますマラソン 実際のコースとは | トップページ | 経営理念と行動指針 足場に・・ »

2014年9月12日 (金)

幸せますマラソン アタック2日目

昨日は日が暮れ、ランニングが危なくなったので阿弥陀寺で終わりにしました。

そう言う訳で、今日はココから残りの道を走って行きます!

残り7㎞チョットです。

Dcf00179_2 昨日の阿弥陀寺です

Dcf00181 本当はこんな感じです

あじさい寺としても有名なこちら

東大寺別院阿弥陀寺には国宝、重要文化財が数多くあります

寺の顔とも言える仁王門と金剛力士像だが、現在は老朽化の改修工事で解体修理中

見れないのが残念だ

Dcf00183 門の手前

ここからUターンして下って行く

Dcf00184 下りでスピードが出る


Dcf00185 バイパスの手前交差点

一気にふもとまで下りて来ました

ここからは地下道を使って向こう側へバイパスを渡ります


Dcf00186 地下道入口


Dcf00187 地下道


Dcf00189 バイパス沿いの道を進む

渡ったら右折します。

バイパス沿いの側道を敷山へ向かって走っていきます。

これから険しい坂道です

Dcf00193 敷山越えです→

地元の人も余り通らない道なのですが、ここを超えると右田方面へ出ます

ここからが頑張り所です


Dcf00194 9.3㎞地点


Dcf00196 バイパスの下をくぐります


Dcf00197 墓地が左に出て来ました

Dcf00199 さみしい場所です

応援があるかな?? 人いるかな?? 

1時間に数台、車が来るか来ないかそんな所です

すれ違うのは砕石車や小野方面から抜けてくる車が数台でした


Dcf00200 堤(つつみ)がありました

へぇー こんな所に池? いや堤が数か所あります


Dcf00201 もうすぐ登りが終わります


Dcf00203 下ってくるとこんな感じ

数件の民家が有り、田畑が見えます

正面には夕日に輝く、右田ヶ岳が見えて来ました

もうひと踏ん張りです


Dcf00206 

下りました11.7㎞地点です

Dcf00208 ↑方向へ走ります

ふもとに下りたら左折

佐波川沿いに走る徳地線を南西方向へ 

Dcf00209 ←左

                      サイクリングターミナルです


Dcf00210 防府のおいしい上水道

人丸水源地を左手に見れました

しばらく平坦な道を走り、乱れた呼吸を整えます

あと3㎞位でゴールです

Dcf00211 信号機の所 左折です

Dcf00212 ←左へ、セブンが目印


Dcf00214 数百メートル直進


Dcf00216 あと1㎞チョッとです


Dcf00217 

洋菓子メルシーが見えました

Dcf00218 ←最後の左折場所


Dcf00221 残り300m位か?


Dcf00222 旧山陽道

この辺からはギャラリーが多いはず! 

当日はにぎわうスポットと成るでしょう

最後の左折ポイントを曲がったら

もちろん ラストスパート!!

Dcf00223 宮市地区

Dcf00224 天満屋がみえた


Dcf00225 14.4㎞でした


Dcf00226 ゴールの鳥居前です

う~ん疲れた

以上が実際のコース画像と言う事で、みなさん当日は楽しみにお越しください

« 幸せますマラソン 実際のコースとは | トップページ | 経営理念と行動指針 足場に・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
先日は、萩の魚釣りフェスティバルに
エントリーいただきありがとうございました。

釣りだけでなく、マラソンも…w(゚o゚)w
アクティブですね。

幸せますマラソンに、萩の熱いメンバーが
参加いたしますのでよろしくお願いいたします。

原田さんコメントありがとうございます。
マラソン、台風の影響が心配ですが、是非よろしくおねがいします!
また、魚釣りは数年ぶりで、とても楽しみです。
エギングは初となりますので、1度、開催までに萩へアタックしに行ってみようと思ってます。
他単会の事業は大変勉強になります。
PS、産業フェスタも頑張ってくださいませ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593520/60303424

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せますマラソン アタック2日目:

« 幸せますマラソン 実際のコースとは | トップページ | 経営理念と行動指針 足場に・・ »

最近の写真