最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年10月28日 (火)

弱さを認める事が真の覇者 坂本監督講話

今月、坂本昌穂  (さかもと まさほ)氏講話を聴くことができた。

あの有名な 津田恒美投手を育てられた我が母校の監督だ

Photo_4

2011092609184067_1_l 坂本氏


Fbb201201130001ns300 故 津田投手

故 津田恒美さんとの出会い、別れを通してその日の講話が始まり

「 津田の話をする事は、私にとって本当に 以前は悲しい想い出がよみがえり、語ると 寂しくなった 」と 坂本氏は最初におっしゃり

以前は講話を断っていましたよ と付け加えられた。

現在は後世に伝えたいと言う思いでようやく話ができる。と、胸の内を述べられ、今日は私にしか伝えられないものを津田君を通して話します。と皆に語りかけて下さった。

 人間 は努力によって変わる事が出来る 

   公平に接する事、信頼の目でみる事

        リーダーが活き活きしている事

約1時間の貴重な時間の中で、目頭が熱くなるお話しを聴けた。

C0104626_1845947 南陽工業高校


Img_8993 メモリアル石碑

平成24年に野球殿堂入りを果たした事にも触れられ、

偉大な成績が無くてもなぜ? 殿堂入りが叶ったかについてもお話しされた。

そこにはやはり、その人の持つ 人間味 が大きく関係していた

今まで抱いていたイメージとは違い、お話の中で語る本当の津田さんを聴け、人としての魅力、純粋さ、友情を介して更に好きになった

本当はかなりメンタルの弱い人間だった。

でも、そこから人間は努力で変わる事が出来る

弱さをみとめる事が、真の覇者だと彼が教えてくれたのかもしれない

誰しも強い人間ではない、自分の弱さに気付くことで人は変われるかもしれない。

今も記憶に残る、炎のストッパー魂は語り継がれるだろう!!

Bbl1204080740001p2 南工時代

001 協和発酵時代

Img_0 プロ入り

2014年10月26日 (日)

アオリイカを早速調理

今日は貴重なイカを召し上がる事に(10/19夜)

午前中釣って来た貴重な1パイのアオリイカ

妻に手ほどきしてもらい、早速調理

釣り場にてイカは〆てあり、鮮度も良し! (目と目の間を突いて〆ます)

こんな感じです

01c44db66166559ef1f3b43a9defb1db840 


01c5865819a843587e6b91adffc84dee413 イカのふね


01fdb3a2c71418bb45aed7d57c97cc3918b 新鮮! 


010a723ad8d4c50b5273785c5d1db3c2580 足ちゃんと10本ありますね


01ef10bec1a1132358b8587b38fbd4b4d5e お魚さんマーク

まな板のお魚さんマークが、かわいいでしょ! こちらがお魚を切る側です。

一目で分かります  弘子さん作ですね

 

さて、写真はかなり手順を省いていますが、ひとりでお刺身にするまでは??でした

主婦すげー 関心しました 手ほどきありがとう

美味しさも然る事ながら、自分で調理すると命の恵みに対し感謝度が増します。

アオリイカの御造り完成です

010cf609fb1bdfa83a543b4c850d5541852 


萩魚釣りフェスで初エギング

010001e65f4e6278cfba3b257c6beb1c0_2

http://youtu.be/zwCUes-hP-8

上記URLはYouTubeで公開の画像リンク(魚釣りフェスの模様です)

【萩の新しいイベントが・・・】

10月18日(土)、19日(日)と萩魚釣りフェスティバルが初開催、主催の萩商工会議所青年部さんのご尽力で叶ったこの企画に早速エントリーしてきました。

0136153d8fabc03746c219c1a17eb6041_2

萩は観光の町と言うイメージが強いのですが、水産に関しても山口県下で魅力発信出来る素晴らしい環境なのです。

そこに目を付け、萩の魅力発信と交流人口の増加を目指したのが今回のイベント

メイン会場は マリーナ萩

お土産、飲食ブースなども併設されていました。

01c809ee325047a57b7266e60571df92a8201f960222b0ee9d702b401dba41749ab189

2日間の中で、各部門別にコンテスト形式が採用され、制限時間内でその日の釣果を競い合いました。

萩周辺の釣り場をあます所無く使い、①青物ダービー、②荒磯キング、③エギング、④ファミリーフレンドリーの4部門

さて、私はエギングにエントリーでしたが・・・・

【エギングは初体験】

イカを釣るため、 疑似餌となるルアーの様なモノ、それが餌木(えぎ)

これを使ってアオリイカを釣ります!

0146f3b6e44a49f7f0efd13e60674e328eb こんな感じで、奇跡の1パイ

初体験のエギング  まずは、道具を揃えないと

全く分からないので、釣り具屋さんにお任せです。

釣り具屋 "かめや" さんが親切に教えて下さり、リールは有る物が流用出来たのでそれ以外を購入。糸や、竿、餌木を買いました。7000円位ですかね。

仕掛けはこんな感じです。

Tackle

PEラインと呼ばれる、編まれた糸を使います。

浮力と強度があり、日頃使うナイロン糸と違います。

これをハリスにあたるリーダーと言う糸と直結します。

こちらは摩擦に強く、浮力の低いフロロカーボンライン。

難しいのはエギの操り方、釣り方でした

場所にもよりますが、遠投したエギが水面から底近くに沈むと一旦シャクリ上げ、それから小刻みに鋭く竿をあおると同時にリールを少しづつ巻き取るジャークを入れます。

エサが弱って蛇行するみたいに見えたり、生きているように見せかけるエギングテクニックが重要

エギの沈降スピードは思ったより緩いため、ゆっくり30秒以上数えないと沈まず、海底の深さやイカの食いつき状況に合わせないといけません。

隣の方の竿が、 ビュッ! ビュッビュッと唸ってます! カッコえぇー・・

素人の私は不安でしたが、ラッキーな1パイが釣れました。感激!

【会場では計量が・・・】

一向に釣れる気配が無いので、お昼過ぎに会場へ戻って来ました

出場者が続々とクーラーボックスを抱えてやって来ます

ウオー  大物です

01ad930c18adafa6c92dc57fa5ea10e0c9a YEGのOBの方が計量に


016d701efe4022521a9d8004fdba3519fa2 阿武会長が持ち上げます

011de2bab713dcb4b76d237ef1d54016cab 刺身の振舞いが頂けます

( 井関委員長のお店のスタッフやYEGメンバーさん)

ステージでは刺身の振舞いがあり長蛇の列

 

サザエの袋詰めコーナー100円は、超人気で大混雑

01cbc73669ab957708c33ca0507690024d2 サザエ袋詰め

夕方からお楽しみの表彰式が始まりました。

萩YEGの女性司会者さん、上手いです、さすがプロ !

来賓は市長と商工会議所会頭がお越しになり、各部門の入賞者に豪華景品などが贈呈されました

01b7381348fb23ad3d917f2a35445eda36f

外道賞などの特別賞ではサメや変わった魚を釣られた方もいましたね!

元気あふれる萩YEGの方にお世話になりました!

01b2403b30fbbb6210dfe8c374ca01d48be 阿武会長と佐伯直前と


018d000c26dd416be2c3eae79d6b457d12e 井関さん お疲れ様ー

前日に友人と結構会場周辺をまわりました

中々 イカにあえません。地元の方に聴くのが良いけど、良く釣れる所はやっぱり・・・

釣り人としてはシークレット!!  

みたいですね

016653e758119420bc2e070f5b8e46b13d7 大井浦にて

01ce17e9f65d317d62958c3c2c1db296b38 越ヶ浜周辺にて

012d65217da5e157b8ee499a0950d22af4a 越ヶ浜周辺にて

01438e6ab4757fac4eb2d7afbb53a4a1afa 萩港周辺にて

【帰りに寄り道です】

道の駅 発祥の地、奈古にある"道の駅 阿武町"に寄りました

リニューアル後に来たのは初

敷地内に町営の温水プール有り、また、道の駅2Fに温泉があります

レストランはオーシャンビューを満喫できます。

是非、どうぞ

01855x570 道の駅施設全景


Kashima2 温泉


8143 温水プール

01544ee8d7076f2c831b4924b5bf7f12a12 海側にこんなものが



01c94a1b8334538f8206cc1beb2400bd4b3 新鮮な魚介満載


0180f665cbbe9ceedaa4e739fb110314de2 アオリイカ いました







2014年10月14日 (火)

10月10日と東京オリンピック

【10月10日とは】

10月10日は、私ども子供の頃から「体育の日」と決まってました。

それも1966年から国民の休日になった訳で、現在は変わっています。

2000年「ハッピーマンデー制度」が導入され、10月の第2月曜を利用し、より休日を活用できる連休へと変化。

そもそも体育の日の切っ掛けは?と言うと

1964年の東京オリンピック開会式の日なのです。

2014年の現在、丁度あれから50年。

先日、実話をもとにしたドラマがあり"東京にオリンピックを呼んだ男"をみました。

Photo_3

【東京オリンピックのドラマ】

1945年に終戦を迎え、わずか14年後の1959年

焼け野原の大地、極東の小国にオリンピックの招致を成し得たのです。

復興と招致を成し遂げた先人にあらためて敬意を感じました。

そして5年後の1964年の東京オリンピック開催、これは現在では考えられないスピードです。

しかし、疑問も残ります。

現在の福島などをかんがみ、今の現状に至る数年間には失望を隠せない一方、当時、広島や長崎の復興に対しては、実は残留放射能の中行われていたと言わざるを得ません。

情報開示が進む世の中と、個人主義の現代人の思考に対し、政府も復興の手立てやそのペースを上げられない現状も少し理解できます。

O0619046313082184690

【2020年は会場で見たい!】

そんな中、2020年に東京での2度目の招致が決定。

気持的に、この様なエピソードを(ドラマ内容)早く聞いていると東京オリンピック招致も、もっと国民は違った気持ちでいられたのに・・・と今更ながら感じます。

でも今度のチャンスは実際に目に焼き付けて置きたい、もう私が生きている間に日本での開催は無いから

聖火台へ向かうランナーと聖火を、生で見たい!!

出来ればその瞬間を家族みんなで共有したいと思います。

その頃は私も50を過ぎてますね・・・

Photo_4

【5つの重なり合う輪を考える】

「お・も・て・な・し」が印象深かったこの度の招致でのフレーズです。

ある意味、スポーツと言う名の戦争が、オリンピックでの裏舞台では行われています。

世界の中での日本のスタンス、日本人としてのオリンピックが、どのように行われ様として行くのか、1964年の先人たちに恥じない様にしたいものです。

これからの目標を大事に、"平和の祭典、スポーツの良さ" を出して行けるオリンピックに期待をし、一国民としての協力を考える10月10日となりました。

Photo_2

【身近なところでは】

大きなオリンピックに限らず、小規模な大会でも言える事は・・・

大勢の人の手を借りて、その事が成し遂げられていると言う事です。

先日、防府での新たな市民マラソンが開催にこぎ付けました。

様々な人の手を介し、現実のモノとなる瞬間に立ち会えた喜びをこういう所でも感じます。

結びに、今年亡くなられました東京オリンピック最終聖火ランナーの坂井さんのご冥福をお祈りいたします。

2014年10月13日 (月)

出雲大社の巨大な国旗

久しぶりのブログとなります。

さて、昔と比べても日本と言うものに誇りと感心が増してきた40代の私です。

10月10日に島根県安来市へと商工会議所青年部のある大会で出かけ、翌日

帰り掛けに20数年ぶりとなる、出雲大社にお参りしてきました。

 Img_0133
最近では高円宮典子さまと出雲大社権宮司の千家国麿さんの結婚式が行われて話題となりましたね。

お参りも連休と言う事で多かったです。

折角ですので、出雲ならではを二つ。

 お参りの際、神社で参拝する時は「二拝二拍手一拝」が基本とされていますが、実は出雲大社「二拝四拍手一拝」が基本です。

② 旧暦の十月は神無月と言いますが、これは全国の神々が出雲に集まられるためである、とも言われ、出雲では神有月(かみありつき)と呼んでいます。

ああー・・・ こう言う場所だったなと思いかえし、ふと、目をやると

大きなしめ縄が象徴的な拝殿の向こうに、高さ30m位の位置に棚引く "日の丸"が目に飛び込んできました。

とてもイイ!! 思わずグッと来ました。 

この感じ、どうも40代以降 "日の丸"に対し祖国を強く感じる熱いものを得ます

Img_0150 おくにがえり会館前の日の丸

皆さんがお参りする拝殿を正面に、左手方向に行くと神楽殿があり、こちらも大きなしめ縄が祀ってあります。そちらの、おくにがえり会館前に巨大な国旗掲揚台がありました。

Photo 全体図です

私自身、祝日には国旗を揚げているのですが、特に一番下の子と一緒に行っています。

自分も小さい頃から習慣づけられていましたので、これが当たり前と思っています。

小さい頃はテッペンの金の玉がとても気に入っていまして、アレは何と言うのか分かりませんが子供ながら楽しみでした。

最近は近所でも国旗を揚げている家をとんと見ません。

小さい内は、まだ、意味を感じ得ないと思います。

祝日は国旗を ! と言う習慣づけには、楽しさと親の手伝いが初めの内必要ですね。

では、祝日に付いて、10月10日の事で感じている事を今度載せてみます!

2014年9月21日 (日)

経営理念と行動指針 足場に・・

学ぶ事多き

それは年上でも、年下であっても同じ

「学ぶ」と言うことは、「まねる」から来ていると昔聴いたことが有る

最初はマネで良いと思う。まねる事から始めると徐々にその事を出来る様になる

少し前に仕事の用事で借り物をした、その時後輩の倉庫で見かけたのがコレ

Dcf00125


建設用の足場に吊り下げられていた黒板

経営理念・行動指針を掲げ、毎月の行動目標を確認し合う。 そう!! ミーティング場を目にした

後輩の昔からの事を考えるとスゴイ進歩である (ごめんね少し上からで・・・)

私も彼と一緒の青年経済人の団体に入会しているが、その成果かな? とも捉えている

丁度その場で彼と少しだけ話をした。

「社会保険労務士さんが書いたのぉ? イエ、僕ですが・・・」

最後に、いつもの口癖 「そんな事、ないっすよぉ!」と彼は頭をかきながら答えていたが

受け答えの端々、そんな少しの話でも考え方や学ぶ努力をしている事が伺えた。

仕事柄、言い方は悪いがヤンチャな若者が多く働く職種

そんな中で、着実に経営者として学んで成長している彼にその時気付いた

やるなぁー ! 

そんな後輩には、もっと応援したくなるし、こちらも感化させられる

企業経営の3要素「ヒト、モノ、カネ」

最も重要なヒト、雇用と顧客への姿勢がこんな倉庫の中でも垣間見える

少しの事からでも学ぶ事多きだ

Dcf00126

※彼を知っている私としては大変驚いたので、携帯写真でパシャリ

  このギャップが良かった


2014年9月12日 (金)

幸せますマラソン アタック2日目

昨日は日が暮れ、ランニングが危なくなったので阿弥陀寺で終わりにしました。

そう言う訳で、今日はココから残りの道を走って行きます!

残り7㎞チョットです。

Dcf00179_2 昨日の阿弥陀寺です

Dcf00181 本当はこんな感じです

あじさい寺としても有名なこちら

東大寺別院阿弥陀寺には国宝、重要文化財が数多くあります

寺の顔とも言える仁王門と金剛力士像だが、現在は老朽化の改修工事で解体修理中

見れないのが残念だ

Dcf00183 門の手前

ここからUターンして下って行く

Dcf00184 下りでスピードが出る


Dcf00185 バイパスの手前交差点

一気にふもとまで下りて来ました

ここからは地下道を使って向こう側へバイパスを渡ります


Dcf00186 地下道入口


Dcf00187 地下道


Dcf00189 バイパス沿いの道を進む

渡ったら右折します。

バイパス沿いの側道を敷山へ向かって走っていきます。

これから険しい坂道です

Dcf00193 敷山越えです→

地元の人も余り通らない道なのですが、ここを超えると右田方面へ出ます

ここからが頑張り所です


Dcf00194 9.3㎞地点


Dcf00196 バイパスの下をくぐります


Dcf00197 墓地が左に出て来ました

Dcf00199 さみしい場所です

応援があるかな?? 人いるかな?? 

1時間に数台、車が来るか来ないかそんな所です

すれ違うのは砕石車や小野方面から抜けてくる車が数台でした


Dcf00200 堤(つつみ)がありました

へぇー こんな所に池? いや堤が数か所あります


Dcf00201 もうすぐ登りが終わります


Dcf00203 下ってくるとこんな感じ

数件の民家が有り、田畑が見えます

正面には夕日に輝く、右田ヶ岳が見えて来ました

もうひと踏ん張りです


Dcf00206 

下りました11.7㎞地点です

Dcf00208 ↑方向へ走ります

ふもとに下りたら左折

佐波川沿いに走る徳地線を南西方向へ 

Dcf00209 ←左

                      サイクリングターミナルです


Dcf00210 防府のおいしい上水道

人丸水源地を左手に見れました

しばらく平坦な道を走り、乱れた呼吸を整えます

あと3㎞位でゴールです

Dcf00211 信号機の所 左折です

Dcf00212 ←左へ、セブンが目印


Dcf00214 数百メートル直進


Dcf00216 あと1㎞チョッとです


Dcf00217 

洋菓子メルシーが見えました

Dcf00218 ←最後の左折場所


Dcf00221 残り300m位か?


Dcf00222 旧山陽道

この辺からはギャラリーが多いはず! 

当日はにぎわうスポットと成るでしょう

最後の左折ポイントを曲がったら

もちろん ラストスパート!!

Dcf00223 宮市地区

Dcf00224 天満屋がみえた


Dcf00225 14.4㎞でした


Dcf00226 ゴールの鳥居前です

う~ん疲れた

以上が実際のコース画像と言う事で、みなさん当日は楽しみにお越しください

幸せますマラソン 実際のコースとは

山口県の防府にて、この度、第1回の市民マラソンが開催される。

そう、10月5日(日)「幸せますマラソン」

私もエントリーしたが、コースについてググってみるも少ししか反応が無い

 

仕方なく自ら お伝えしようと言う事で、2日使って汗をかいて来た

 

本来、こうしたマラソンへの魅力なども含め主催者側で取り組んで欲しかったが・・・

 

走るのはもちろん仕事が終わって後

 

支度をして出かけて行くと、到着は17時を過ぎる

 

走るのは本当に1年ぶりと成るが、そんなのはお構いなしでスタートした

 

そんな訳で、真っ暗になった1日目と次の日を使い、2日のアタックになってしまった

Dcf00127 スタートは天満宮前の所

 

大河ドラマ 「花燃ゆ」で少し湧いている!

Dcf00129Dcf00128

久しぶりのランシュー。

 

腕にはガーミンのGPS腕時計をはめ、携帯で撮影しながらお届けする画像を撮って行きます

Dcf00130 ココがスタート地点

Dcf00132

   左方向、東へと走って行く 山陽道だ

Dcf00133 最初の左折場所

 

ココから少し狭い道に入る。 集団は団子状態だろう!

Dcf00135 萬行寺が見えた

Dcf00136


Dcf00137 周防国分寺

 

 

白土塀が道の左手に現れ、重要文化財が眠る周防国分寺を通り過ぎる

Dcf00138

国分寺 旧丸久を右折

 

近年出来た、多々良から牟礼方面に伸びる大きな道路へ入って行く

Dcf00139 ←左折

Dcf00141 数百メートル直進

 

信号を左折する。緩やかな起伏の道を進むと毛利邸

旧長州藩主毛利氏の毛利元昭が建てた、邸宅と庭園へ進んで行く

Dcf00143 

門へ続く松並木が目印

Dcf00144 

表門を更に奥へと進む

Dcf00145 ココでUターン

 

博物館、庭園入口前の回転場でUターンして今、来た道を戻る

Dcf00146 

スタートしてここまで1.6㎞地点

Dcf00149 少し下り坂

 

先ほどの大きな道を左折してしばらく直進

Dcf00152 

左カーブを曲がり旧道と合流

Dcf00154 

←旧道  ↑牟礼方面直進

Dcf00153

この辺で約3㎞地点

Dcf00155 しばらく直進

Dcf00158 

セブンが見えたらココから坂道だ

 

左折するとバイパスの道路を横断します。

坂本地区の坂道が待っている!

Dcf00160 

← 牟礼丸久を左折

Dcf00159 

この辺で約4㎞地点

Dcf00162 バイパスが近づく

Dcf00163 

上は山陽自動車道です

Dcf00164 

↑ココからが坂道で~す

Dcf00165 

交差点で登りが終了。左折します

 

正面に大平山が見えますよぉー 

 

ロープウェーが有ります。防府市最高峰、631mの山です。

Dcf00167 5.2㎞地点到着

 

                    ひとまずエイドが欲しいですね

Dcf00168 農大近くです

Dcf00170 

右折して農大へと登って行きます

 

う~ん、何か畜産系のイイ香りがもうすでにタダよって来ました!

モぉウ~・・・

Dcf00171

本館前のロータリーを回ります

 

ここも坂ですが、そんなに長くありません頑張りましょう!!

Dcf00174 来た道を下ります

 

もう夕暮れです。

実は、写真ではそうでもありませんが結構暮れてるんです

Dcf00175 

この辺で約6㎞地点です

 

今から阿弥陀寺への長い坂が待っています。ファィト!!

Dcf00176 

下りたら少し行って右折します→

 

暗いのでシャッタースピードが遅くなり、写真がボケて参りました

Dcf00177 ずっと坂です


Dcf00178_2 まだ先です 暗い~





Dcf00179 阿弥陀寺到着

 

真っ暗になりました。

 

今日はココまでにして、迎えを呼びました。

 

さて、明日はここからの続きです

2014年8月26日 (火)

三日坊主になるなよ!

今日のお昼、テレビ台の近くで娘と妻が何やらコソコソ
あっ!パパが来た と言って何かを隠す娘
何だコレは?
そう! あるDVDを発見
深夜のテレビショッピングで見かけるアレだった

90年代に数々のミリオンヒットを連発した日本が誇るダンスヴォーカルユニット“TRF”。
ダンサーボディを維持するために行ってきた普段のトレーニングをエクササイズにしたダンスとエクササイズ融合のバカ売れDVDだった。
うたい文句は
TRFと一緒に日々エクササイズしているうちに、1曲踊れるようになります。だ

ダンス初心者でも楽しくてカンタンにのせられてしまったようだ

Image_2

まだ、その全貌は目にしていないが、いつかコッソリおがませて頂こう
小学校でも教科にダンスが取り入れられる時代、私はついていけないが子供達は楽しそうだ。
これも一時のブーム。妻もすぐに飽きるだろうが、その頃私も密かに練習してみようかな?

Image_3

人間マイブームが時々繰り返しやって来る
常に新しい事に目が行くのは、実はとても良い事!
何かを得たい、見たい、欲する欲望が何と言っても人を動かす原動力になっている
若い人程これが強いと思っていたが、自分の周りには逆にバイタリティー溢れる壮年組ばかりだ。
おーい!ガンバレ若者 と叫びたくなる
イイ時代をまだ、私達は過ごさせてもらって来たのかもしれない
今の時代、先への期待が薄い
がんじがらめの世の中、今の若者は逆に、よく頑張っているのかもしれないと 感じる。
今出来る事、少し先なら出来る事、目標と優先順位を決め、今日も進んで行かなければ.....
妻へは、三日坊主が四日でも、五日でも続く事を期待したい!


2014年8月23日 (土)

トイレの蓋を開けると・・・・第14の使徒

【便器の中に・・・】

7月から8月にかけての時期、毎年 オォーっと ビックリする事がある。

何と言う生命力! と感心する コイツ

Yjimage


もちろん、私の体内から出現ではございません

便器の中に虫が1匹づづ、3~4日置きに浮いているのです。

し尿処理は各家によって違うでしょうが、我が家は現在 単独浄化槽です

これは排水の配管内に虫が卵を産み、その幼虫が還ったものが配管を通じてここまで来たのです。

我が家だけかと思い、検索すると・・・ 同じ環境の状態で事例が沢山ありました

浄化槽から出た排水口は、溝のところで解放(パイプの口)してあり、トラップマスが各所付いているのですが基本的に繋がっていますから侵入させない方法は難しそうです。

対策としては浄化の妨げにならない殺虫効果のある薬剤を流すしかないようですね。

【コイツの正体は】

アメリカミズアブと言う、体長15~20mmのハエに似たミスアブ類の虫です。

07030

北アメリカや中央アメリカ、ハワイなどに産し、日本には、第二次世界大戦後に侵入し、現在では、本州、四国 九州および沖縄に広く分布するそうです。

刺したりはしないのですが不潔な害虫

この虫が生んだ卵から還った幼虫こそ、この時期だけに起こる我が家の珍事なのです

しかし、水の中を潜り抜け、下手の排水側では無く、上手側へ のぼってくる生命力はスゴイです

【コイツとのファーストコンタクト】

それはもうー 驚きました!

夜トイレに行った時、灯りを付けて蓋を開けたのがファーストコンタクトだったのです

最初は訳が分からず なぜ? エッ と恐怖

数日後も 又、数日後も、便器の中に出現してくるのです。

トイレの空間に虫が飛んでたり、巣がある様子も無かったですからね

浄化槽の管理の方へ相談すると・・・

あっさり、

「よくありますよぉー」と言われました

六一〇ハップで退治される方もいますよぉー なんだとか

今後、私のATフィールドが破られる事態も想定しないといけない!

もし、便器をよじ登ってくる来る第14の使徒がいたらコイツに間違いない・・・

 

«お盆 

最近の写真